セミナータイトル Jストリーム・プラス・月刊総務共催セミナー

「総務の第一優先課題
社内コミュニケーション活性化、最新事情」

女性活用、高年齢者の雇用促進、そして雇用形態の多様化。
さまざまな価値観を持ったメンバーが社内に存在します。
このようなさまざまな価値観、文化が異なるメンバーのベクトルを統一し、目標に向かって行動を起こしてもらうには、そして、経営理念を浸透させるには、どうしたら良いのでしょうか。
今ほど、コミュニケーションが難しい時代はありません。
激しい変化に対応する俊敏な動きには、社内コミュニケーションが活発に、また確実に行われる必要があります。
今回は、社内コミュニケーション活性化の最新事情、特に、「動画」による活性化と「場」による活性化を詳しく説明します


セミナー概要
開催日時: 2015年11月4日(水)14:00~16:30(13:40 開場)
会場: イベントスペースEBiS303 カンファレンススペースBC
(東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル5階)

アクセス https://www.ebis303.com/info/access.html#ebisu_buil
共催: 株式会社Jストリーム
プラス株式会社
月刊総務
参加費: 無料
定員: 80名 先着順
申込締切: 2015年10月30日(金)
注意事項: ※定員になり次第、締め切らせていただきます

申し込みは終了しました。

タイムスケジュール
13:40 開場(受付開始)
14:00 挨拶
14:05~15:05 Program 1
メディア、イベント、そして働く「場」
~三位一体の社内コミュニケーション活性化方程式~

講師:月刊総務編集長
   豊田 健一
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45 Program 2
「伝えたつもり」を「確かに伝わる」に
~支社や海外拠点にも等しく伝わる!動画による社内情報共有最新事例~

講師:株式会社Jストリーム
   営業本部 プラットフォームサービス推進部 部長 小室 賢一
15:50~16:20 Program 3
いい仕事は、いい雑談から
~社内コミュニケーション改革!
実体験から生まれた、あたらしいオフィスの考え方~

講師:プラス株式会社
   取締役カンパニープレジデント 北尾 知道
16:20 質疑応答
16:30 終了

※内容は一部変更になる場合がございます。

セミナー講師紹介
月刊総務編集長
豊田 健一

株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。
総務経験、社内広報コンサルティングの実績を生かしたコンサルティングや講演など多数。
ナナ総合コミュニケーション研究所所長。

株式会社Jストリーム
営業本部 プラットフォームサービス推進部
部長
小室 賢一

2004年入社。
ナショナルクライアント、メディア、広告代理店、金融業界などの幅広い領域で、動画による企業内コミュニケーション支援や動画/音声を活用したマーケティング支援などの提案営業に従事。
現職では、新規開拓を主なミッションとした部門で営業マネジメントを担当。

プラス株式会社
取締役 カンパニープレジデント
北尾 知道

1958年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。
セゾングループに21年、KADOKAWAグループに7年在籍後、2012年よりプラス株式会社在籍、2013年取締役カンパニープレジデントに就任、現在に至る。
流通・サービス業、コンテンツ産業、製造販売業と幅広く経験するが、常にマーケティングに基づく付加価値創造を目指してきた。

※プログラムの時間割・講義内容及び講演者は、変更される場合があります。


お問合せ先 「月刊総務セミナー」運営事務局
TEL:03-5312-7472 (受付時間 10:00~17:00 土、日、祝日を除く)
担当:半矢(はんや)
e-mail:hanya@wis-works.jp