<PR>

非接触、密回避――非常時にも通常時にも対応ストレスフリーの職場環境
新しい日常以降のオフィス

Withコロナのオフィス環境として徹底したいのは、「非接触」と「密回避」。それをスマートに実現するシステムは、Afterコロナにもストレスフリーで省エネの職場環境を提供する。「オフィスのどこが、どれだけ使われているのか」、解析に役立つシステムの可能性を探る。

 コロナ禍の収束にはワクチン・治療薬の開発や医療資源の拡大が不可欠であり、まだ当分かかるようだ。そして感染・重症化リスクが低くなって経済活動が再開されても、インフルエンザと同じく、定期的に感染と収束を繰り返すことが予想される。つまり、われわれは今後も長く、このウイルスと付き合っていかなければならないのだ。もはや周知の事実であるが、感染を防ぐためには「非接触」と「密回避」が有効とされている。人が戻ってきたオフィスには、どのような仕組みが必要なのか。クライアントのニーズに合わせてシステムソリューションを提案しているパナソニックに取材した。

顔パスでウオークスルー
エレベーター、照明も非接触

 核となるのは、同社が提供する入退室管理システム「eX-SG」だ。このシステムにエレベーター、顔認証端末をひも付け、統合管理する。たとえば、「非接触」にフォーカスして、従来の出勤ルーティンをシミュレーションしてみよう。
 朝、都心のオフィスビルに出勤。入り口でカードリーダーをかざしてセキュリティゲートをくぐる。エレベーターの列に並び、目的階のボタンを押す。オフィスに入るときもカードリーダーをかざし、最初の出勤者であれば照明や空調のスイッチを入れる⋯⋯。従来のオフィス活動は、多くのものに触れることで成り立っていた。しかし、「eX-SG」に顔認証をはじめとする多様なシステムをつなぐと、状況は一変する。セキュリティゲートは顔パスでウオークスルーできる。エレベーターも先行予約で、混雑を避けながら自動的に目的階へ上がるので、行き先ボタンに触る必要はない。オフィスももちろん顔パスだ。照明や空調はセンサーで自動制御され、社員が全員退出すれば自動的にオフになる。来訪者については、QRシステムとの連携で事前に送付された入館証を使い、受付の手間なく入退館が管理される。このように、社員のID統合管理を行う「eX-SG」の可能性は、非接触という面だけ取り上げても計り知れないのだ。

屋内位置情報のデータを活用し、密集情報を把握

 では、「密回避」についてはどんな効果を期待できるのだろう。Withコロナのオフィスでは人の密集を避けることが最重要視されるが、回避するためにはあらかじめ密集状態を把握することが大前提だ。ここで有望なのが、GPSの屋内版であり、ビーコンを持つ個人の位置データを取得できる屋内位置情報システム「POSITUS(ポジタス)」だ。「誰が」「どこにいるのか」、ひいては「Aというエリアに今、社員が何人いるのか」が一目瞭然になる。スマホアプリとの連携で、自分の行き先の密集状態を確認したり、現地点の密集具合に応じて警戒アラートを受け取ったりすることも可能だ。明らかになるのは「今」だけではない。データの視覚化ツールを活用すれば、過去の出勤率や各エリア・席の利用率まで把握できる。図表のように、滞在時間が長いほど円が大きくなるマップなどは、使用状況がたいへんわかりやすい。

>

 この屋内位置情報システムは基本的に登録されたIDを検出するため、来客者を含めた人数把握をする場合は、監視カメラシステムの出番となる。屋内位置情報システムほど詳細ではないものの、不特定多数の人数計測や動線・滞在時間を可視化してくれるのだ。これらを「eX-SG」のサーバーに集約される入退室の履歴と組み合わせると、屋内にいる一人ひとりの行動履歴をトレースできる。このデータは、万が一感染者が出た場合、非常に役立つ。当事者の行動履歴から、濃厚接触者を絞り込めるからだ。現状では濃厚接触者を特定するためには当事者にヒアリングするしかないが、個人の記憶にはあいまいな部分もあるだろう。分単位で正確にトレースできるデータがあれば心強い。

非常時でも通常時でも、ストレスなく働けるオフィス

通常は企業PRなどに使うスポットライト型プロジェクターも、コンテンツを替えれば「一定距離を保つ」「会話を控える」などコロナ仕様の注意喚起に役立つ
オフィスビル向けのロボット掃除機は、非接触を目指した人的リソースの削減に貢献する

 非常時の感染拡大防止対策は、通常時にはどう機能するのか。無人と有人を高精度で判別するセンサーは、照明や空調を適切に管理して省エネを実現する。また、“働く場所を自分で選ぶ”時代はフリーアドレスで仕事場を移動することになるが、パソコンと飲み物で両手がふさがっていても、顔認証端末により社内の扉が顔パスでストレスなく開閉する。これはエントランスやエレベーターも同様だ。しかし省エネやストレスフリーより戦略的に重要と思われるのは、「eX-SG」や「屋内位置情報システム」などに蓄積された各データだ。非常時に密集を避けるために活用された情報は、通常時には人の集まる場所を特定してコミュニケーションを活性化させる工夫をしたり、逆に不要なスペースを割り出したりするのに活用できる。テレワークが働き方の選択肢になり、センターオフィスの役割が改めて見直される昨今だからこそ、人の流れを把握できるデータは、今後のオフィス戦略を決める上で価値ある判断材料になる。
 データ数は膨大であるほど精度の高い分析につながる。「eX-SG」を使った統合システムは、オフィスビル一棟丸ごとの導入・運用である方が、効果が高まるということだ。緊急事態宣言中にパナソニックへの問い合わせが多かったのは、官公庁や病院など、非常時であっても人が出勤せざるを得ない施設だったそうだが、これから一般企業にも需要は拡大していくことが考えられる。現在と過去の動線が把握できていれば、人を集める場合も、逆に密集を避けたい場合も、コントロールがしやすいだろう。企業が理想とするセンターオフィスの在り方により、データの活用方法は多様だ。まずは正確なデータがあること、それが肝要なのだ。
 最後に、パナソニックは先日、オフィスの空気に注目した新しい提案を発表した。次亜塩素酸 空間除菌脱臭機やナノイー空気清浄機といった従来の製品に加え、空気の流れ「気流」を、光、音、映像と融合させるという試みがそれだ。デジタルサイネージを擬似窓に見立てて気流と香りを流したり、気流と水音で自然感を演出したり、集中力が途切れるタイミングで爽やかな風が吹いたりと、シーン別にさまざまな融合を設定できる。Withコロナでは換気を伴う空気質の向上に役立ち、通常時には生産性向上に貢献する仕組みとなるだろう。新しい日常に対応する空間は、これからテナント企業がオフィスを選ぶ際の重要なポイントになっていくのではないか。

詳細・お問い合わせ

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社
TEL:03-6218-1166