多様な働き方に対応する
社内コミュニケーション術

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、リモートワーク、ABWなど働き方の多様化がさらに広がっています。対面のコミュニケーションが減っている中においても、コミュニケーションを活性化するために、どうしていくべきでしょうか。社内コミュニケーションの考え方から、オンライン・オフラインそれぞれのコミュニケーション方法、社内広報・情報共有のポイントについてご紹介します。

会員登録ですべてのコンテンツがご利用可能 登録無料 会員登録

会員
会員限定コンテンツ
一般
非会員も閲覧可