<PR>

クボタの水技術で大空間を除菌・消臭・加湿

会社には、職務を通じて「組織に所属している」感覚とホームとして「ケアをされている」感覚、2つの安心を従業員に与えることが求められます。在宅やシェアオフィスなど働く場所が増える中、安心が担保されていなければ、もう誰も好んでオフィスに来てくれません。
 いま一度、ウェルビーイングの項目を一つひとつ洗い出して取り組むタイミングだと思います。御社では社会にどのような価値を提供されているのでしょうか。
吹原130年前に創業者である久保田権四郎が重んじた価値観と同じものを提供したいと考えています。「For Earth,For Life」というクボタのブランドステートメントは、食料・水・環境分野で貢献したいという思いからです。
クボタさんというと、農業機械のイメージが強かったのですが、実は水の事業にも力を入れていらっしゃるそうですね。
吹原そうなのです。あまり知られていないのですが、明治期に日本が伝染病コレラに苦しめられていたとき、国産初の水道管を作り出したのがクボタでした。以来、日本のみならず世界中で水環境問題に取り組んでいます。
 水の技術で社会に貢献してきたクボタだからできることを模索し、「水で空気を洗う」機器でさまざまなコミュニケーション空間の「安心・快適」を実現すべく開発したのが「ピュアウォッシャー」です。
ウイルス対策として、今まさに除菌が注目されていますね。
吹原われわれは精密機器工場などのクリーンルームで使用される業務用空調機のメーカーとしても、およそ50年の歴史を持っています。そこで培われたエアワッシャ技術を採用しました。
 ピュアウォッシャーには、「除菌」「消臭」「加湿」「空気清浄」「電解水取り出し」という5つの機能があります。取り込んだ空気にミスト状の水を噴射し、浮遊ウイルスや浮遊菌を除去(除菌)、きれいな空気として戻します。ウイルス対策だけでなく、ニオイの抑制や花粉など不快感の原因になる不純物も取り除きます。
先ほど拝見しましたが、大きな会議室にあれ1台でしたね(画像❶)。
吹原はい。特徴として、テニスコート1面分(約200㎡)の空間を1台で清浄化します。これまで複数台の空気清浄機を置いていた空間を、これ1台でカバーできるようにしました。
 もう一つこだわったのが、可能な限り手間を省くことです。給排水接続式で自動給排水するため、タンク内の水を取り換える必要もありませんし、運転時間は曜日ごとにタイマー設定できることから、オンオフ操作の必要もありません。また、定期的に当社側でメンテナンスも行いますので、手入れも不要です。
操作音が標準モードで55デシベル、これは人の集まるコミュニケーションスペースなら気にならないレベルですね。

今こそ導入のタイミング
ウェルビーイングに還元を

吹原設置時に水道工事費等が必要となりますが、製品使用にあたっての手間、つまり人件費が不要であると思えば、初期投資はすぐに回収いただけるかと思います。ただし、総務にとっては、この工事が社内検討のハードルになることでしょう。しかし、それで導入をあきらめることになるのは残念なので、ピュアウォッシャーを評価してくださる総務の方々をサポートしようと、費用対効果や他社製品との比較など稟議(りんぎ)書用の資料もこちらで作成しました。
総務ご出身ならではですね(笑)。しかし今はもっと導入のハードルが下がっていると思いますよ。なぜなら、今後はオフィス縮小などで企業の不動産コストが下がっていくからです。フロアが半分になるだけで年間数十億円の削減になるケースもあり、その浮いた資金を従業員の福利厚生、ウェルビーイングに還元しやすい状況なのです。
 また、この空気清浄機は非常に理にかなっています。縮小されたオフィスのレイアウトは、中心にコミュニケーションスペースを集め、窓際に個々が集中できるスペースを作る、同心円の発想がメインになります。建物の中心部にはもともと給排水設備がありますから、設置も問題ないでしょう。総合的なビジョンをきちんと持っている総務であれば、オフィスの大改革とセットで上の人たちを説得できると思います。
吹原企業の財産は人ですから、その人々に寄り添う総務部門の影響は多大です。総務のみなさんの期待に応えられるよう、創業者のDNAを時代に合わせて一層ステップアップさせていければと考えています。
従業員のため、どこにお金をかけるのか。総務の財布もニューノーマルに合わせて変わっていきます。人材獲得の戦略にもつながりますので、ぜひともやりくり上手になっていただきたいですね。

広い空間に「安心な空気」を提供する
クボタの「ピュアウォッシャー」

ピュアウォッシャーは、1台で大空間を除菌・消臭・加湿・空気清浄(除塵)ができる業務用加湿空気清浄機。2016年の発売以降、医療施設や保育園、大型施設などで採用され、2020年10月現在、設置台数は約1,000台にのぼる。

■ 除菌力

浮遊ウイルス・浮遊菌を10分で99%抑制、付着菌を60分で99%抑制する。また、強い殺菌力を持ちながら人体に優しい「微酸性電解水」を内部で生成。取り出して使えば、テーブルや手すりなどの除菌にも活用できる。
■ 消臭力
アンモニアなどのニオイのもととなる水溶性のガスを水で吸収して分解。トイレ臭、ペット臭、体臭、食事のニオイなどの生活臭を取り除くことができる。
■ 加湿力
内部で空気と水を接触させることで、加湿された潤いある空気を生成。周囲をぬらさずに1時間当たり2.7Lの大容量加湿を実現する。
■ 空気清浄力
不快感の原因になり得るハウスダストや花粉などの空気中の不純物を、乾式フィルターと水の力の二段構えでしっかり捕らえ、取り除くことが可能。

クボタ 業務用加湿空気清浄機 ピュアウォッシャー

導入事例:学生一人ひとりのニーズに合わせ居住空間の安全・快適を追求

 当社は早稲田大学グループの一員であり、社会的公器としての使命を共有しています。学生寮では「食」「住」の安全性はもちろんのこと、快適性も重視してきました。「住」については、睡眠質を担保するマットレスを導入するなどの対応をしていましたが、長らく課題だったのがインフルエンザなどの感染症対策です。誰がウイルスを保菌しているのかは、検査をしない限りわかりませ。そのため、空間全体を除菌して予防できる機器はないものかと探していました。一番の問題は、寮生が集まる食堂をどうカバーするかでした。家庭用の空気清浄機や加湿器で、大空間をカバーしようとすれば、何台も設置しなければならず、現実的ではなく困っていたのです。
 そうした中で出合ったのが「ピュアウォッシャー」です。1台で200㎡をカバーできるという点に加えて、食品の洗浄にも使われるほど人体への安全性が高く、除菌力に優れた微酸性電解水を取り出せることで、拭き掃除に使えるという点が画期的でした。しかも基本的にメンテナンスフリー、水を入れる手間がないのは非常にありがたかったです。これだけの機能を備えた製品は、ほかに見つかりませんでした。
 活動範囲が広く、通学生との交流も盛んな男子寮に、試験的に導入したのが1年半くらい前のこと。以来、毎年のインフルエンザ感染者数が明らかに減りました。コロナ禍ではアルコールが不足していましたが、微酸性電解水があるので全く問題なく、寮母さんにもアルコールに比べて手が荒れないと好評です。訪れた方にはよく「食堂に独特のニオイがない」ともいわれますね。期待通りの効果を実感しているので、ほかの施設でも導入を検討しています。
 企業の総務にとって、自社の従業員が顧客であるのと同じく、われわれにとっては学生のみなさん一人ひとりが顧客です。これからも独自性のあるサービスの向上を志していきます。
株式会社クボタ
ピュアウォッシャーの詳細はこちらから